クコの葉について 健康茶である、紅花茶、野草樹茶、ほうじどくだみ茶の販売。

クコの葉について

クコ

生物の分類 分類
界:  植物界 Plantae
門:  被子植物門 Magnoliophyta
綱:  双子葉植物綱 Magnoliopsida
目:  ナス目 Solanales
科:  ナス科 Solanaceae
属:  クコ属 Lycium
種:  クコ rhombifolium
Lycium rhombifolium
Chinese Wolfberry 
クコ(枸杞)とは、ナス科の植物の一種。学名”Lycium rhombifolium”(シノニム”Lycium chinense”)。川岸など水辺に自生する。落葉低木で開花期は夏〜初秋で、薄紫色の花が咲く。果実は赤く、食用となる。(ドライフルーツにされて流通している。)
クコの果実、根皮、葉は、それぞれ枸杞子(くこし)、地骨皮(じこっぴ)、枸杞葉(くこよう)という生薬である。ナガバクコ(学名”Lycium barbarum”)も同様に生薬にされる。

WIKIPEDIAより抜粋)

クコの葉についての紹介

熊笹について
熊笹について
はと麦について
はと麦について
柿の葉について
柿の葉について
紅花について
紅花について
杜仲茶について
杜仲茶について
裸むぎ茶について
裸むぎ茶について
アマチャヅルについて
アマチャヅルについて
クコの葉について
クコの葉について
キダチアロエについて
キダチアロエについて
ヨクイニンについて
ヨクイニンについて

無料 アクセス解析タイ・バンコク情報