裸むぎ茶について 健康茶である、紅花茶、野草樹茶、ほうじどくだみ茶の販売。

裸むぎ茶について

麦茶

麦茶(むぎちゃ)は、搗精し焙煎したオオムギ 大麦の種子を煎じて作った飲料である。
麦湯(むぎゆ)ともいう。
茶葉を使用していないため、厳密に言えば茶ではない。
季節としては夏、冷やしたものがよく飲まれる。
冬でも温めて飲む場合もある。
体温を下げることや、血流を改善する効果が知られている。
大韓民国 韓国などでも韓国伝統茶のひとつとして家庭で飲用されている。
麦湯は、平安時代より貴族が飲用していたとされる。
以後、室町時代まで貴族が飲用し、戦国武将にも飲まれた。
江戸時代には屋台の「麦湯売り」が流行した。
天保に書かれた『寛天見聞記』には「夏の夕方より、町ごとに麦湯という行灯を出だし、往来へ腰懸の涼み台をならべ、茶店を出すあり。これも近年の事にて、昔はなかりし也」とあるように専門店である「麦湯店」も出現した。

WIKIPEDIAより抜粋)

裸むぎ茶についての紹介

熊笹について
熊笹について
はと麦について
はと麦について
柿の葉について
柿の葉について
紅花について
紅花について
杜仲茶について
杜仲茶について
裸むぎ茶について
裸むぎ茶について
アマチャヅルについて
アマチャヅルについて
クコの葉について
クコの葉について
キダチアロエについて
キダチアロエについて
ヨクイニンについて
ヨクイニンについて

無料 アクセス解析タイ・バンコク情報