紅花について健康茶である、紅花茶、野草樹茶、ほうじどくだみ茶の販売。

紅花について

紅花

『ベニバナ』より : ベニバナ(紅花、英名 Safflower)とは、キク科ベニバナ属の植物。末摘花(すえつむはな)ともいう。
花を乾燥させて染料や着色料(食品添加物、化粧品の口紅)の材料とする。また、乾燥させた花は、紅花(こうか)という生薬名であり、日本薬局方にも収録されている。これには、血行促進作用があり、養命酒などに利用される。種子から油をとって食用(サフラワー油)としたり、石鹸にしたり東洋医学では塗る灸の『紅灸』として使用されたりする。
山形県は主な産地であり、ベニバナが県花になっている他、河北町 (山形県) 河北町
には、「紅花資料館(べにばなしりょうかん)」がある。

WIKIPEDIAより抜粋)

紅花についての紹介

熊笹について
熊笹について
はと麦について
はと麦について
柿の葉について
柿の葉について
紅花について
紅花について
杜仲茶について
杜仲茶について
裸むぎ茶について
裸むぎ茶について
アマチャヅルについて
アマチャヅルについて
クコの葉について
クコの葉について
キダチアロエについて
キダチアロエについて
ヨクイニンについて
ヨクイニンについて

無料 アクセス解析タイ・バンコク情報