ヨクイニンについて 健康茶である、紅花茶、野草樹茶、ほうじどくだみ茶の販売。

ヨクイニン

『ハトムギ』より : ハトムギ
生物の分類 分類
界: 植物界 Plantae
門: 被子植物門 Magnoliophyta
綱: 単子葉植物綱 Liliopsida
目: イネ目 Poales
科: イネ科 Poaceae
属: ジュズダマ属 Coix
種:   lacryma-jobi var. ma-yuen
Coix lacryma-jobi var. ma-yuen
ハトムギ
ハトムギ(鳩麦、”Coix lacryma-jobi” var. ”ma-yuen”)はイネ科ジュズダマ属の穀物。ジュズダマとは同種で、栽培用の変種である。
中国南部からインドシナ半島にかけての地域原産とされる。漢方や民間療法では、皮を剥いた種子をヨク苡仁(よくいにん)と呼んで薬用に用いられ、いぼ取りの効果、利尿作用、抗腫瘍作用などがあるとされる。また、ハトムギ茶などに利用される。
イネ科 はとむき

WIKIPEDIAより抜粋)

ヨクイニンについての紹介

熊笹について
熊笹について
はと麦について
はと麦について
柿の葉について
柿の葉について
紅花について
紅花について
杜仲茶について
杜仲茶について
裸むぎ茶について
裸むぎ茶について
アマチャヅルについて
アマチャヅルについて
クコの葉について
クコの葉について
キダチアロエについて
キダチアロエについて
ヨクイニンについて
ヨクイニンについて

無料 アクセス解析タイ・バンコク情報