野草樹茶に配合されている熊笹、アマチャヅルと杜仲など18種類の野草を紹介。

野草樹茶には以下の18種類の野草を配合しています。

18種類の野草についてエントリー一覧

熊笹について
熊笹『クマザサ』より : クマザサ生物の分類 分類界: 植物界 Plantae門: 被子植物門 Magnoliophyta綱: 単子葉植物綱 Liliopsida目: イネ目 Poales科: イネ科 Poaceae属: ササ属Sasa種: クマザサS. veitchiiSasa veitchiiクマザサクマザサ(隈笹)は、イネ科ササ属の植物の一種。学名”Sasa veitchii” (Carr.)。ただし、山地に生育する、大型のササ類一般を指す場合も多い。標準和名をクマザサ(”Sasa vei...
はと麦について
ハトムギハトムギ生物の分類 分類界: 植物界 Plantae門: 被子植物門 Magnoliophyta綱: 単子葉植物綱 Liliopsida目: イネ目 Poales科: イネ科 Poaceae属: ジュズダマ属 Coix種:   lacryma-jobi var. ma-yuenCoix lacryma-jobi var. ma-yuenハトムギハトムギ(鳩麦、”Coix lacryma-jobi” var. ”ma-yuen”)はイネ科ジュズダマ属の穀物。ジュズダマとは同種で、栽培用の変...
柿の葉について
柿の葉は、その若葉には、レモンの20倍、ホウレン草の10倍ものビタミンCが含まれている。最近柿の葉が注目をあびているのはそのビタミンCの性質にあります。通常ビタミンCは熱に弱いといわれていますが、柿の葉に含まれるビタミンCはプロビタミンCという、ビタミンCになる前の状態のものなので、熱に強く、お茶にして飲んでもその効果が高いと言われています。
紅花について
紅花『ベニバナ』より : ベニバナ(紅花、英名 Safflower)とは、キク科ベニバナ属の植物。末摘花(すえつむはな)ともいう。花を乾燥させて染料や着色料(食品添加物、化粧品の口紅)の材料とする。また、乾燥させた花は、紅花(こうか)という生薬名であり、日本薬局方にも収録されている。これには、血行促進作用があり、養命酒などに利用される。種子から油をとって食用(サフラワー油)としたり、石鹸にしたり東洋医学では塗る灸の『紅灸』として使用されたりする。山形県は主な産地であり、ベニバナが県花になっている...
杜仲茶について
杜仲茶『杜仲』より : 杜仲(とちゅう)とは、中国原産のトチュウ科の落葉高木である。雌雄異株で、葉はニレやケヤキに似た楕円形、花は緑色がかかった白色で、実は有翼果。20年程度で樹高15m程に成長する。化石が中央ヨーロッパ及び北米で見つかっており、およそ6千万年前は多くの地域で繁殖していたと考えられているが、現在では中国以外に原産地は確認されていない。一科一属一種で、クロンキスト体系(w:Cronquist system Cronquist system)では、独立した目としてトチュウ目に分類され...
裸むぎ茶について
麦茶麦茶(むぎちゃ)は、搗精し焙煎したオオムギ 大麦の種子を煎じて作った飲料である。麦湯(むぎゆ)ともいう。茶葉を使用していないため、厳密に言えば茶ではない。季節としては夏、冷やしたものがよく飲まれる。冬でも温めて飲む場合もある。体温を下げることや、血流を改善する効果が知られている。大韓民国 韓国などでも韓国伝統茶のひとつとして家庭で飲用されている。麦湯は、平安時代より貴族が飲用していたとされる。以後、室町時代まで貴族が飲用し、戦国武将にも飲まれた。江戸時代には屋台の「麦湯売り」が流行した。天保...
アマチャヅルについて
アマチャヅルは1970年代、日本の竹本博士によって、「アマチャヅルは、薬用朝鮮人参と同様の有効成分サポニンが70種類以上含まれる」と発表して知られるようになりました。日本全国に生育しており、注目されるまでは雑草として扱われていました。主成分が、オタネニンジンと同様であり、含量もほぼ同じとされていて同じ薬効が期待されます。
クコの葉について
クコ生物の分類 分類界:  植物界 Plantae門:  被子植物門 Magnoliophyta綱:  双子葉植物綱 Magnoliopsida目:  ナス目 Solanales科:  ナス科 Solanaceae属:  クコ属 Lycium種:  クコ rhombifoliumLycium rhombifoliumChinese Wolfberry クコ(枸杞)とは、ナス科の植物の一種。学名”Lycium rhombifolium”(シノニム”Lycium chinense”)。川岸など水辺に...
キダチアロエについて
キダチアロエ『アロエ』より : アロエキダチアロエの花 生物の分類 分類 界: 植物界 Plantae 門: 被子植物門 Magnoliophyta 綱: 単子葉植物綱 Liliopsida 亜綱: ユリ亜綱 Liliidae 目: ユリ目 Liliales 科: アロエ科 Aloaceae 属: アロエ属 ”Aloe” 種 (生物) 種: キダチアロエ ”arborescens”アロエベラ ”vera” など 英名 :en:Aloe Aloeアロエ(オランダ語 蘭: ”Aloe”)はア...
ヨクイニンについて
ヨクイニン『ハトムギ』より : ハトムギ生物の分類 分類界: 植物界 Plantae門: 被子植物門 Magnoliophyta綱: 単子葉植物綱 Liliopsida目: イネ目 Poales科: イネ科 Poaceae属: ジュズダマ属 Coix種:   lacryma-jobi var. ma-yuenCoix lacryma-jobi var. ma-yuenハトムギハトムギ(鳩麦、”Coix lacryma-jobi” var. ”ma-yuen”)はイネ科ジュズダマ属の穀物。ジュズダ...

無料 アクセス解析タイ・バンコク情報